旅行

【3泊4日の子連れ沖縄旅行記まとめ】マハイナウェルネスリゾートホテルオキナワが子連れにおすすめだった・・!!

スポンサーリンク

2022年8月子供3人大人2人の5人で沖縄に旅行に行ってきました。自分への記憶もかねて記事にしたいと思います。子連れの旅行は不安な部分もあると思いますので私の経験がなにか参考になると幸いです。

3泊4日 子連れ沖縄旅行記

3泊4日の3人の子供との子連れ沖縄旅行についてまとめます!!

1日目 飛行機 ホテルでプール

初日はほぼ移動の1日でした。飛行機は11時20分(新千歳空港)→14時55分(那覇)です。空港に着いてからレンタカーで宿泊先であるマハイナウェルネスリゾートオキナワに向かいました。

写真撮り忘れてしまったのですが車種は三菱のエクリプスクロスのブラックでした。家族5人+荷物でも十分快適に過ごせました。この車、気に入ってしまいました!笑 旅行中、多くのレンタカーを見ましたが、エクリプスクロスとトヨタのライズに乗ってる方が多かったですね。

高速道路で2時間ほどかかるので、結局ホテルに着いたのは18時頃。ホテルはいかにもリゾートホテルといった感じで、沖縄にきたなーと改めて実感させてくれました。

沖縄 マハイナウェルネスリゾート

外観はこんな感じ。洗濯干してありやすが、これほとんど水着だと思います。家は午前と午後に分けてプール入ったりしてたのでその間すぐに水着を干していました。

沖縄 ホテル

ホテルのエントランス。リゾート感があっていいですね。車だけでなく、停留所があるので観光バスも出入りしていました。

ロビーへ行くといきなり目の前に屋外プールがあります。そしてプールを利用するお客さんの楽しそうな声。子供たちも我慢できず、ホテルに着いた5分後にはプールに入ってました(笑)

沖縄 マハイナウェルネスリゾート

写真の奥が深めの大人用プールで手前が浅い小さな子供用です。監視員もいるため安心して遊べます。

沖縄 ホテル 部屋

お風呂とトイレは一体型でしたが、洗面台とミニキッチンは別にあり、バルコニーも広くてのんびり、海を眺めてゆっくりできました!バルコニーからの眺めは天気も良かったので最高でした!

沖縄 ホテル 部屋
ミニキッチン
沖縄の部屋
部屋は広め
沖縄 マハイナウェルネスリゾート
ソファはゆったり
沖縄 ホテル 部屋
赤ちゃんは畳で就寝

部屋は広かったです。建物自体はそんなに新しくないけど清潔感があった。シングルベッド2つとソファ、畳のスペースがあり、生後10ヶ月の赤ちゃんは、主に畳にいましたが、慣れてくると部屋中ハイハイしてました。

ソファはゆったりくつろげる広さでした。3泊4日の3日目に掃除機などの清掃が入ってくれました!

沖縄 マハイナウェルネスリゾート

夕方のプール。景観が最高です!

沖縄 マハイナウェルネスリゾート

初日の夜に食べたのは海邦丸(カイホウマル)という海鮮料理!テイクアウトしました。海ぶどうの乗った海鮮丼は新鮮で美味しかった!私はこの店のすし飯が美味しく気に入りました。店内も混んでましたよー!次はお店で飲食したいですね。

2日目 観光 美ら海水族館 エメラルドビーチ

美ら海水族館

2日目は美ら海水族館へ。混雑を避けるため朝いちで行きました。ホテルからは車で5分もかからないので、アクセス良好です。

やはり子連れの沖縄旅行なら美ら海水族館は外せないですね。子供も大人も楽しめて涼しく飲食もできて思い出になってお土産も充実していて買いやすいです。ジンベイザメやウミガメ、チンアナゴ他にもイルカショー、マナティー館など見るものも豊富です。子どもはひたすらケータイで写真を撮ってました笑 

美ら海水族館

天気がよく暑かったので、「ちゅらうみサイダー」が美味しかった!ぜひ沖縄に行ったら飲んでください。

美ら海水族館

美ら海水族館にあったガチャガチャ。500円で高いなと思ったけど、クオリティ高めでびっくり!水族館を周った後だと絶対に買ってしまいます笑

美ら海 ガチャガチャ

ジンベイザメ、マナティ、ウミガメが当たりました。

マナティぬいぐるみ

マナティのぬいぐるみは、毎晩のように寝るときに子どもたちが奪い合っているほど我が家で人気!

沖縄 エメラルドビーチ

午後からは近くの人気海水浴場「エメラルドビーチ」へ!ちなみに駐車料金は300円でした。

キレイな海と穏やかな波で小さな子どもも沢山いました。0歳11ヶ月の娘もはじめての海を怖がることもなく楽しそうに遊んでいました!

11か月の子供 海の様子
赤ちゃんも海を満喫

ホテル近くにある居酒屋です。店内を見回したところお客さんはほぼ観光客だったと思います。店員の接客も良く沖縄の雰囲気を味わえるお店です。

店内ではステージがあり沖縄の唄を歌ってくれました!歌い手の方は歌はもちろんトークもうまく、歌う曲はお客さんの要望に応えてくれていました。

もずくやグルクンの天ぷらが美味しかったですね。沖縄で飲むオリオンビールは最高です!他にもラフテー、海ぶどうなど沖縄料理を堪能しました。

3日目 午前と午後にプール 結婚式、夜はディナーで沖縄料理

沖縄 マハイナウェルネスリゾート

朝のブッフェでは新鮮なフルーツや沖縄料理を中心に頂きました!沖縄の炊き込みご飯「ジューシー」や目の前で作ってれるオムレツが美味しかったです!

沖縄 マハイナウェルネスリゾート

オムレツはチーズやベーコン、もずくなどお好みでトッピングが選べました。

美ら海水族館

3日目は親族の結婚式でしたが、子どもたちの希望もあり結婚式の前と結婚式の後にプールに入りました。どちらも1時間程度でしたが子供には十分です。大人も結構体力削られます笑

ちょっとした時間があればすぐにプールに入れるのもプール付きホテルの良いところだなとあらためて実感しました。

4日目 プールとお土産と飛行機

最終日も、もちろん朝からプールに入りました!笑 もうすぐ一歳になる娘もプールを怖がらずに楽しんで入ってました。

ホテルのプールは子連れが多いですが中には学生くらいの若い方もいましたね。

ホテルのチェックアウト後はハナサキマルシェでお土産の購入とお昼ご飯のテイクアウト。欲しかった琉球ガラスのグラスも購入しました。

沖縄 ハナサキマルシェ

ホテル隣りにはハナサキマルシェに食事やお洒落なカフェ等があるので困りません。

沖縄 海

空港へ向かう帰り道での写真。本当に沖縄はどこからでも最高の景色が撮れます!

沖縄 マハイナウェルネスリゾート

子どもと行く沖縄、大変なこともありますが最高に楽しかった!

那覇空港でぽつんと置いてあるUFOキャッチャーは、チンアナゴのぬいぐるみなど意外と可愛い景品がありましたので、機会があれば行ってみてください。

おきなわ おみやげ
右のチンアナゴとシーサーは空港のUFOキャッチャーの景品

子連れ沖縄旅行のポイント•注意点まとめ

子連れ旅行のポイント

  • 熱中症、紫外線対策は必須
  • 移動は最小限
  • プール付きホテルが最高!
  • 上手に現地調達!

【熱中症・紫外線対策は必須】

とくに夏の沖縄は暑くて日差しが強いです。子連れ沖縄旅行では、外出時は日傘や日焼け止めなど紫外線対策を大人だけでなく子供もしましょう!しっかり対策してもうちの子供はいい感じに焼けました!対策しなかったらどうなっていたか…ヒリヒリして痛くなってしまうと可哀想なので注意です!

【移動は最小限!】

子連れ沖縄旅行の場合はできるだけ車の移動時間が少なくなるようにしたほうがいいです。そのため、滞在するホテルは1つに決めて、そこを拠点に遊び尽くすのがおすすめです。

私も前に大人だけで行った沖縄旅行では沖縄中の観光地に行きたい!と考え毎日のように車で移動し、毎日違うホテルに泊まったこともありました。それはそれで楽しかったのですが、子連れとなると別ですね。旅行初日の乗り物の移動に飽きて「まだ着かないの?」とずっと言ってました(笑)

【プール付きホテルが最高】

子連れの場合は行きたい観光スポットはいくつかに絞りホテルのプールや近くのビーチでゆっくり過ごすという楽しみ方がおすすめだと感じました。

「ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワ」は屋内・屋外プールがある他に近くに美ら海水族館やエメラルドビーチなどの観光スポット、ハナサキマルシェというショッピングモールが目の前にあるので飲食には困りません。

屋外プールは大人用と子供用があるので小さい子でも安心。プールは常に監視員がいて安心。付近に美ら海水族館がある。エメラルドビーチというとてもきれいなビーチがある。ハナサキマルシェで飲食できる。車で2分くらいのところにファミリーマートがあったのでそこも利用しました。

【上手に現地調達!】

子連れ沖縄旅行の場合は移動の際の荷物を出来るだけ減らしたいですよね。そのため現地調達できるものは現地で買い足すことをおすすめします。例えば子供のお菓子やジュース、赤ちゃんのオムツ、シャンプーやコンディショナー、人によってはコンタクトの洗浄液など。

【赤ちゃんの持ち物】役に立ったものと必要だったものは?

赤ちゃん役に立ったもの

  • レトルト離乳食
  • ミニ扇風機
  • 日傘
  • 携帯用アルコールスプレー
  • 水遊び用の日焼け止め
  • アイスリング

【レトルト離乳食】

赤ちゃんの必須持ち物

普段からお世話になっている和光堂の離乳食。もちろん旅行でも大活躍でした!月齢に合わせて豊富に商品があるのが助かります。離乳食は現地でも購入することができるので、荷物を減らしたい方は、それでもいいかと!出先でも温めずそのまま食べることもできます。スプーンさえあれば食事できるのが嬉しいですね。

【ミニ扇風機】

夏の沖縄はとても暑いので携帯用のミニ扇風機があるととても便利です。美ら海水族館ではベビーカーの貸し出しもしているのでベビーカーに設置できるタイプも何かと便利です。

【日傘】

沖縄は、日差しが強いので日傘があると便利です。もちろん、小さくて持ち運びやすいものがおすすめです。

【携帯用アルコールスプレー、水遊び用の日焼け止め】

沖縄旅行に必須の持ち物

携帯用のアルコールスプレーと赤ちゃんでも使えるウォータープルーフの日焼け止めはとても重宝しました。市販の日焼け止めはたくさんありますが、赤ちゃんでも安心して使えて、なおかつ水遊び用となるとなかなかありません。とても助かりました!

【アイスリング】

これは持参するのを忘れてしまいましたが、首元を冷やすアイスリングも暑さ対策としてあってもよかったかなと思います。何度でも繰り返し使えて便利です。お子さんが嫌がらなければおすすめです。

3泊4日子連れ沖縄旅行記まとめ

3泊4日の子連れの沖縄旅行について記事にしました。

最後に、泊まったホテルが子連れにおすすめできる理由をまとめます!

ホテルマハイナがおすすめな理由

  • 屋外プールは大人用と子供用があるので小さい子でも安心
  • プールは常に監視員がいて安心
  • 近くに美ら海水族館、エメラルドビーチなどの観光スポットがある
  • ハナサキマルシェというショッピングモールがある
  • 近くにコンビニがある

スポンサーリンク

-旅行

© 2022 スマイルはじめました Powered by AFFINGER5